シャンプーの泡立ち 加減

さて本日のブログにまいります。




「 シャンプーの時、しっかり泡立てるって?? 」





これ?どうでしょう?
なかなか出来てるか?解りづらいですよね
なんとなく知っている方もありますし




実際、雑誌、CM、また行きつけの美容師さんから伺ったり
皆さんなりに”知っている事”だと思います!





でも・・・・・・・




実際の所、シャンプーに時間かけなかったり
案外気にしない方も多いのでは??
眼で見るわけでもないから解りませんよね!!





でもなんとなく、知らず知らず習慣になっているからこそ
もう一度、見てほしいと思います。






では早速!!




髪をしっかり濡らした状態で・・・・
こんな感じです♪

 ↓  ↓

IMG_20150906_160342551.jpg




ここまでは全然問題もないですが

 

次は
適当にシャンプーで泡立ててみますね。


IMG_20150906_161726722.jpg






「 べ・・・別に普通じゃゃ・・・ないの??」



 
 
まぁ、いたって普通かもしれませんが
特に変わった所など??と思います。







ここからよく見てほしいのです。



 


チエックしてほしいのは
この赤丸している所なのです
泡立ちが少ないんです。。。。ムンクの叫び

IMG_20150906_160711893.jpg

 

しっかり泡立ててるつもりでも原因は


意外と地肌だけしか泡立っていない
●意外とシャンプーの量が少ない
●髪を濡らし不足
●泡立てが足らない



などあります

 

地肌~髪の真ん中ぐらいまではよくても


IMG_20150906_160906316.jpg



あれ????



 毛先の方は
あんまり泡立っていない?


又は


もしくは地肌だけしか泡立っていないかも?




心当たりないでしょうか??




では
理想的な泡立てはこういった感じです。






IMG_20150906_160343032.jpg





「 地肌から毛先まで泡で包まれている感じ 」

 

結構髪全体にしっかり泡立っているでしょ!!!
ごれぐらいがベストです。




毛先の方なんかはこんなんです↓↓



IMG_20150906_160343484.jpg



どうでしょう?違いわかりますかね?

 



全体に泡立てる事は・・・・・






髪全体を出来るだけ泡立てるのは結構大事で



●髪全体の汚れ、ほこりなどを落とす

●泡立てる事でうなじ、顔回りの細い髪の毛に負担少なくする

●髪の摩擦を少なくする




と全体に泡立てる事は
こういった良い面があるんですね~~♪







ちなみに・・・・・オマケです!!






しっかり泡立てる事がわかって貰えたので

この画像ぐらい髪の長さにトリートメントの量は


このぐらいです♪

↓ ↓


IMG_20150906_160343982.jpg

 

 


毛先から全体になじませて

5分ぐらい時間を置きその後軽くすすいで下さい。

量は結構多めで行きましょう♪





どうでしたか?




意外と解りづらい事もこうやって見て頂くとより
解りやすいし、毎日のことなのでブログみてから
今日から出来ますので
気になる方は試してみて下さいネ