パーマがかかりにくい髪質の特徴

さて今日の記事ですが

 パーマがかかりにくい 』について書いていきます。





よくパーマのお客様などにお話伺うときに
教えていただくのですが





今までパーマかかりづらかったですか??など
聞きますし、聞かれたお客様もあると思います。





髪を見た時になんとなくわかるのですが





『 あーなんかかかりづらそう 』とか

『 意外とかかりやすいけど・・・ 』な感じで

巻くロッドの調整決めていきます。






パーマがかかりにくい髪の特徴として





超健康そうな髪




・何年もカラー、パーマなどしていなくて
髪に弾力があり、縛っていた髪をほどいても直ぐに
まっすぐに戻り、髪を濡らしても水滴が出てすぐに落ちる髪質






細い髪




・猫っ毛って言うほうがわかりやすいかもしれませんが
柔らかく細い髪の方、スタイリングなんかしても直ぐに
崩れやすく、形がつきにくい髪質





油分が多そうな髪




・乾かすときになかなか乾かない髪
もともと油分が多いかも知れません。また何かつけすぎたりして
髪が重い質感の髪質






また違う視点では




矯正やアイロンを結構している髪

毎日、ヘアアイロンや矯正など頻繁に熱やけ
している様子がある髪質






簡単にまとめるとこういった髪質の方が

パーマがかかりにくい髪の特徴かも知れません。





健康な髪でしたら、お薬なんか浸透がなかなかしづらく
形もつきにくい傾向がありますし
細い髪の方は逆にお薬の浸透はいいほうの方も多いので
すが形がキープしづらい状態の方も多いです。




また





油分が多い髪の方でしたらお薬が浸透しづらく時間がかかりやすいので
パーマをかける何日か前からグレンジング力のある
シャンプーを使ったり、あまり髪につけるのを控えるほうが得策です。





アイロンなんかも高温でしてしまうとパーマもかからなく
なりますから注意してくださいね。




こんな感じで長々書いてみましたが




かかりにくい髪もパーマの技法ややり方もありますから



前田的には
過去にパーマしてどうだったかを?直接教えてもらうのが
助かりますから美容室ではご遠慮せず
言ってもらえるのがいいですよ~~♬